箱根駅伝コース

箱根駅伝について、コースを実際に見て回った様子を紹介しています。主に2002/5/2と2002/5/6に回りました。2002/5/2の行程は、箱根の風景に記載しています。

箱根駅伝とのつながりについては、作者紹介に載せています。

毎年のテレビ観戦の感想を箱根駅伝テレビ観戦に載せています。

1区〜2区

大手町

[1]大手町スタート
[2]大手町ゴール

読売新聞社ビルのすぐ横。[1]は往路のスタート地点。このときはゴールデンウィークのため、特に人がいなかったと思われます。

[2]が復路ゴール地点。スタート地点の反対(南)側です。それにしても、スタート、ゴール側ともにふだんは殺風景なものです。
(2002/5/6)

日本橋

日本橋

復路のみ通過。下に川は流れているものの、上に首都高速がかかっていて橋らしくないですが、そこに「日本橋」と書かれているのでここがそうだと分かるという、ちょっと変わったところ。
(2002/5/6)

蒲田

蒲田の踏切

京浜急行空港線の踏切を通過します。小涌谷の踏切では電車が待ってくれますが、約10分毎に上下方向それぞれが通過し、しかも空港アクセス、他社線乗り入れ列車が通るとあってダイヤの乱れは避けたいという事情から走者側が止まることがあります。
(2002/5/6)

2004年(第79回大会)からは京急側がダイヤを考慮し、羽田空港発着を京急川崎発着に変更して、選手通過時に踏切が閉まらないようになりました。

ただ、そのため「エアポート快特 京急川崎行」という、名前と行き先が合致しない列車までできてしまいました。→写真

鶴見中継所

[1]復路中継所
[2]記念碑

京浜急行鶴見市場駅を降りて海側へ出ればすぐそこが中継所。まるで駅伝の中継所のためにあるような側道があります。[1]は復路側の側道。

往路側には[2]のような記念碑もあります。
(2002/5/6)

2012年復路のときの様子をブログに記載しました

3区〜4区

戸塚中継所

戸塚

戸塚駅から歩くと25分くらいかかり、しかも登り坂となるため結構疲れます。二区のラストがかなりつらいことが実感できます。

写真は復路側です。ここもなんだか中継所のためにあるようなくぼみ。バス停にありがちなくぼみですが、バス停はありません。往路は右端の駐車場のところです。

帰りはこの近くにあるバス停(大坂上)から戸塚駅までバスにしました。
(2002/5/6)

浜須賀

浜須賀
烏帽子岩

往路でいうと、国道1号から分かれ、海沿いの国道134号線に合流するところにあたる交差点。歩道橋がかかり、そこからは上写真のように海や烏帽子岩もみえますが、道路からは林があるため見えません。

烏帽子岩を拡大したのが下写真です。

浜須賀までは辻堂駅から歩くと30分くらい。江ノ電バスに乗れば約10分ですが、1時間に1〜2本程度です。
(2003/8/30)

平塚中継所

平塚中継所

平塚中継所は平塚駅ではなく隣の大磯駅が最寄り駅。駅から東の方向へ歩いて20分くらい。往路は写真手前の交差点のわずかに広がったところを使い、右から左へ抜けます。復路は往路とはコースが異なり中央の合流してくる道から来て右へ抜けます。中継点は中央の道の停止線のあたりです。

コースの説明時に出てくる花水レストハウスはこの写真の場所の左後方にあります。
(2002/5/2)

東海道松並木

松並木

大磯駅から平塚中継所とは逆の方向に10分ほど歩いたところにある松並木。国道1号の両車線の間にあります。でも、よく見ると松以外の木も混ざってたりします。
(2003/8/30)

5区

小田原中継所

鈴廣前

小田原中継所は風祭駅のすぐそば、かまぼこで有名な鈴廣の駐車場を使用。写真は復路で使われる側です。

かまぼこの博物館などもあるので観光客がちらほらみられます。そんな中、駐車場の写真だけとっている自分はかなり妙な観光客。(笑)
(2002/5/2)

函嶺洞門

函嶺洞門

箱根湯本駅から歩いて10分くらいのところにあり、駅伝中継時にも必ず写真とほぼ同じ角度で映ります。でもそれはトンネル状になっているため暗いのと、中継車が電波を外へ送りにくいから別のカメラで映していると思われます。
(2002/5/2)

2014年に川の対岸にバイパス道路ができて、2015年(第91回大会)からコースからは外れました。

大平台

ヘアピンカーブ

大平台といえば急なヘアピンカーブ。大平台駅から5分くらい下ったところにあります。
(2003/5/1)

箱根駅伝の碑

35回記念碑

神社前バス停から少し箱根寄りに歩いたところにあります。35回大会を記念したもので、ひっそりと立ってます。駅伝中継でもめったに出てこない気が…。
(2002/5/2)

小涌谷踏切

モハ101型

箱根エリアの名物ポイント。本数がさほど多くないこともあり、駅伝時はランナーと電車の通過が重なっても、電車が待ってくれます。
(2002/5/2)

駅伝広場

駅伝広場駅伝広場の碑

国道1号からゴールに入る交差点のところに、新たに駅伝広場ができ、碑が建ちました。
(2003/5/1)

芦ノ湖

[1]芦ノ湖スタート/ゴール
[2]栄光の碑

往路ゴール・復路スタートの地点。[1]は芦ノ湖を背に写したもので、左端に見える棒状の碑がその位置を表しています。車や人の通りは多くないです。

上の地点からコース沿いに少し戻ると[2]のようにおみやげ店などが立ち並んでおり、その一角に駅伝にちなんだ碑が3つ並んで立っています。
(2002/5/2)