3 著作権・引用・リンク

< §利用のてびき < トップ

←前 | 次→

3.1 著作権者

このサイトの著作権者名は、<海津知緒>です。

このサイトでは、「作者」ということばを、著作権法でいうところの「著作権者」とおなじ意味でつかっています。著作権に関する記述では「著作権者」とかきますが、そのほかの部分では「作者」とかきます。

3.2 引用(複製)

著作権者は、著作権者がこのサイトに掲載した文書の全部または一部を、あなたが、非営利目的での使用のためにのみ、無償で複製することを、以下の条件つきで許諾いたします。

  1. 複製もとの文書の以下の属性をかならず明記してください。書式はできるだけ ISO 690 にしたがってください。
  2. 複製もとの文書にふくまれている著作権その他の所有権表示を、かならずそのまま明記してください。
  3. 複製もとの文書の文字列を、あなたの解釈によってべつの文字列におきかえたりせずに、正確に複製してください。たとえば、以下のようなものもふくみます。
  4. HTML文書として複製する場合には、リンクの相対URIをのぞき、複製もとの文書のマークアップを変更しないでください。リンクの相対URIは、絶対URIに変換してください。
  5. 整形ずみ文書として複製する場合には、複製もとの文書のマークアップの文書整形における表現は、あなたの名誉にもとづいてきめていただいてかまいませんが、複製もとの文書の論理構造を誤解させるような表現はしないでください。
  6. つぎのようなことをおこなった場合には、かならずそのことを明記してください。この場合、その結果として作成された文書により、あなた、もしくはその文書の読者がうける影響についても、著作権者はいかなる責任もおいません。

3.3 参照

著作権者がこのサイトに掲載した文書を参照する場合は、

を、かならず明記してください。できるだけ ISO 690 にしたがってください。

3.4 このサイトへのリンク

このサイトへのリンクを作成するのに、著作権者の承諾がいるとはおもいません。もちろん、リンクの作成のしかたは、文章のかきかたとおなじように、リンクを作成するかたの名誉にかかわることです。

URIはなるべくかえないようにつとめますが、かわる場合もありえます。このサイトのある文書のURIが変更になった場合でも、そのことを文書で公開したり通知したりするとはかぎりません。

とくに、文書内のみだしにつけたラベルは、目次を作成するときにプログラムで自動的・機械的につけていますので、章立てがかわると変更されます。

3.5 著作権者以外の著作権表示

著作権者がこのサイトに掲載した文書によっては、著作権者以外の著作権表示がふくまれている場合があるかもしれません。その場合にはその指示にしたがってください。

3.6 寄稿文のとりあつかい

著作権者がこのサイトに掲載した文書の読者(以下「読者」とする)から、さまざまな手段によって著作権者に対してよせられた文書のなかの文章(以下「寄稿文」とする)のうち、著作権者がこのサイトに掲載した文書の内容に関する質問・意見・提案などは、とくに機密にしてほしいとの依頼がないかぎり非機密情報とみなし、著作権者はその文章の機密保持に対していかなる義務もおわないものとし、かつこれを制限なく複製、使用または他人に開示、配布できるものとします。また、著作権者は、このような情報にふくまれるアイデア、ノウハウ、コンセプト、技術を、発信者からとくに指示がないかぎり、著作権者が発表する文書の作成に制限なく使用できるものとします。

しかしながら、著作権者は、寄稿文の作者(以下「寄稿者」とする)の事前の承諾なしに、寄稿者のなまえ、住所、電話番号、メール・アドレス、IPアドレスなどの、寄稿者を特定できる情報(以下「個人情報」とする)や、その寄稿者が著作権者に寄稿したという事実を、公開することはありません。ただし、以下の場合をのぞきます。

このサイトでの個人情報のとりあつかいについては、「このサイトでの個人情報のとりあつかい」をご覧ください。


←前 | 次→

版:
第2.2.3版
発行日:
2003年12月1日
最終更新日:
2016年7月17日
著者:
海津知緒
発行者:
海津知緒 (大阪府)

≡‥≡