水谷浩章 Hiroaki Mizutani

(Acoustic Bass, Electric Bass, Composer, Arrangement, Produce)

1963年生まれ。
12歳の頃エレクトリック・ベースを初め、20歳からライブハウスなどで音楽活動を開始。コントラバスを吉野弘志氏に師事。
現在は、自己のユニット phonolite(木管、金管、弦を含む10人編成の変則ジャズ・オーケストラ)、phonolite trio(中牟礼貞則g、外山明ds)等を主催。phonolite stringsでは、浜田真理子、柳原陽一郎、さがゆき、高瀬"makoring"麻里子、原田郁子、青葉市子、柴草玲らとのコラボレーションなど幅広い活動を展開している。
山下洋輔、森山威男。坂田明、松風鉱一、大友良英、芳垣安洋、ほか多数のユニットに参加。また、作曲家、アレンジャーとしても活躍中。



バイオグラフィー

1986年
自己のグループ「LowBlow」を結成。結成当初は、水谷浩章[b] 外山明[dr] 松本健一[sax] 竹野昌邦[sax]の4人編成。その後、斉藤良一[g]と青木泰成[tb,key]が加入。

1987年〜1993年
広木光一[g]バンド、三好功郎[g]グループ、岩崎大輔[p]トリオ、植松孝夫[sax]グループ、辛島文雄[p]トリオ、小宅珠美[fl]バンドなどに参加。その他、多くのミュージシャンと共演。
'90年『NOW'S THE TIME WORKSHOP』(FUN HOUSE) 、'93年 小宅珠美『Lady's Blues』(KING RECORD)のレコーディングに参加。

1994年
松風鉱一『A Day in Aketa』(AKETA'S DISK) のレコーディングに参加。
JOHN ZORN [sax]と共演。彼のゲームピース「COBRA」「BEZIQUE」に参加。
ケイ・赤城[p]と共演。

1995年
巻上公一「超歌謡セッション」に参加。
今堀恒雄[g]の主宰するバンド「Tipographica」に加入。
Tipographica『The Man Who Does Not Nod』(PONY CANYON) 、坪口昌恭 Project『M.T.Man』(ISIS) のレコーディングに参加。

1996年
Tipographica『God Says I can't Dance』(PONY CANYON) 、カルメン・マキ『UNISON』(PIONEER)のレコーディング、エリオット・シャープ『Spring & Neap』のレコーディングに参加。
ニック・ディドコフスキー[g]と共演。

1997年
Tipographica『Floating Opera』(sistema record)、坪口昌恭 Project『東京の宇宙人』(VIVID SOUND) 、松風鉱一 Trio『万華鏡』(off note)、遠藤賢司トリビュート・アルバム『プログレマン』(PONY CANYON)、南博「BIRD in BERLIN」(メディアリング) などのレコーディングに参加。
Tipographica フランス・ツアーに参加。
加古隆「色を重ねて」(構成:天児牛大)に参加。
11月に「JOHN ZORN'S COBRA 東京作戦」をオーガナイズ。
12月に自己のグループ「LowBlow」のファースト・アルバム「カフェおじさん」をリリース。

1998年
南博カルテット、松風鉱一トリオ、菊地成孔トリオ、などのユニットで多数の国内ツアーに参加。
アニメ「トライガン」original soundtrack『trigun the first donuts』の録音に参加。
上記「色を重ねて」のユニットにおいて、山海塾の音楽をサポート。(TAKASHI KAKO/YOICHIRO YOSHIKAWA『HIBIKI』)
11月、南博カルテットの中国ツアーに参加。「Beijing International Jazz Festival」に出演。

1999年
「山下洋輔 Duo Plus」に加入。同ユニットにて、数々のジャズ・フェスティバルに出演。
大友良英「NEW JAZZ QUINTET」に加入。11月、オーストリアにおけるフェスティバル「music umlimited 1999」をはじめとする、ヨーロッパ・ツアーに参加。
8月、加古隆「色を重ねて」の再演に参加。
南博カルテット、菊地成孔トリオ、山下洋輔 Duo+、などの国内ツアーに参加。
大友良英『Plays the Music of Takeo Yamashita』(P-VINE) 、大友良英×イアン・ケルコフ『filmmusic from "Shabondama Elegy"』(SKCA-1002) のレコーディングに参加。

2000年
「山下洋輔 4G UNIT」に加入。同ユニットにて、数々のジャズ・フェスティバル、コンサート、ツアーに参加。
9月、大友良英「NEW JAZZ QUINTET」にて「青島インターナショナル・ジャズ・フェスティバル」に参加。
芳垣安洋「Vincent Atmicus」、林栄一 ユニット、津上研太「BOZO」、松本治―「AUTOMATIC」など、様々な新ユニットに結成時より参加。

2001年
大友良英「NEW JAZZ QUINTET」『Flutter』(TZADIC)、林栄一ユニット『森の人』(Studio Wee) 、南博カルテット『GO THERE!』(EWE)の録音に参加。
芳垣安洋「EMERGENCY!」に加入。
12月、大友良英「NEW JAZZ QUINTET」ヨーロッパ・ツアーに参加。

2002年
『Otomo Yoshihide's New Jazz Ensemble/Dreams』(Tzadik)、高橋信之介『RUMINATION』(EWE)、松本治『和風』(LOVE DOG)、津上研太『BOZO/1st』(EWBE)、『Otomo Yoshihide's New Jazz Quintet/LIVE』(DIW)、芳垣安洋『emergency!/loveman plays psychedelic swing』(Studio Wee)、南博 Go There『CELESTIAL INSIDE』(EWBE)、芳垣安洋『Vincent Atmicus/VINCENT I』(EWBE)などのレコーディングに参加。
1月、南博カルテットのデンマーク・ツアーに参加。
4月、洗足学園大学 ジャズ・コースの非常勤講師に就任。
5月、山下洋輔スペシャル・ビッグバンド『東急ワールドミュージックスペシャル Jazz Alive ツアー』、山下洋輔 4G UNIT のヨーロッパ・ツア−に参加。
8月、『跳ぶ教室/ダンスとジャズと子どもたち』(振付・ダンス:伊藤キム、ピアノ:山下洋輔、他)に参加。
9月、Hot Music School の講師に就任。
10月、大友良英『NEW JAZZ QUINTET』で、シカゴの「Asian American Jazz Festival 2002」に参加。
11〜12月、山中千尋のサポート。

2003年
大友良英 NEW JAZZ QUINTET + オオエ『ONJQ + OE』(P-VINE)、カヒミ・カリィ『Trapeziste』(Victor Entertainment)、上野洋子『Simpln Sing Songs』(CROWN)などのレコーディングに参加。
3月、自身の新ユニット『Phonolite』を立ち上げ、レコーディングを開始。
4〜5月、カヒミ・カリィのサポート・メンバーとして、大阪・東京公演に参加。
6月、自己のアルバム『phonolite/while i'm sleeping』(Studio Wee)をリリース。
7月、加古隆『色を重ねて』の再々演に参加。山下洋輔 Trio にて、フジロック・フェスティバルに出演。
11月、CM「メガネトップ」の音楽を担当。
12月、松浦亜弥+山下洋輔3、テレビ収録のためのアレンジを担当。

2004年
菊地成孔『Degustation a Jazz』『Chansons extraites』『Degustation a Jazz(Authentique / BLEUE)』(EWE)、カヒミ・カリィ『Montage』(Victor Entertainment)、富樫雅彦トリオ『ライブ・アット・ケルン』(Jam Rice)、芳垣安洋『Vincent Atmicus/VINCENT II』(EWGL)、南博『Touches & Velvets / Quiet Dream』(EWCD)、『Bycott Rhythm Machine』(vinylsoyus)などのレコーディングに参加。『Miya/Globe in motion』(Studio Wee)をプロデュース。
7〜8月、『Otomo Yoshihide's New Jazz Ensemble』で、New Horizons Film Festival(ポーランド)、MIMI Festival(マルセイユ)、JAZZ EM AGOSTO FESTIVAL(リスボン)に出演。
11月、Kasper Tranberg Japan Tour に参加。
他、柳原陽一郎のライブ・サポート(アレンジ)、『友近/Tokyo』レコーディング・サポート(アレンジ)、松永貴志のライブ・サポートなど・・・

2005年
柳原陽一郎『ふたたび』(SWEETS DERI RECORDS) をプロデュース。Otomo Yoshihide's New Jazz Orchestra『大友良英・ニュー・ジャズ・オーケストラ』『ONJO plays Eric Dolphy's Out To Lunch』(doubtmusic)、芳垣安洋『Vincent Atmicus / VINCENT III』(EWGL)、松本治『蒼き空に身悶えて』(LOVE DOG)、松風鉱一カルテット『Private Notes』(Studio Wee)、菊地成孔『菊地成孔/南米のエリザベス・テイラー』(EWE) 、津上研太『BOZO/DUENDE』(EWBE) のレコーディングに参加。
1月、大友良英 NEW JAZZ FESTIVAL(ONJO,ほか)
3月、Otomo Yoshihide's New Jazz Ensemble ヨーロッパ・ツアー(フランス[Paris、Brest]、ベルギー[Gent]、スイス[Fribourg、Geneve]、スロベニア[Ljubljana])
5月、京都西部講堂「P-Hour 04」。Otomo Yoshihide's New Jazz Ensemble ヨーロッパ・ツアー(ベルギー[アントワープ]、イタリア[フィレンツェ、ベニス]、オーストリア[ウェルス]、ポーランド[カトビゼ、グダニスク、ワルシャワ]、フランス[ナンシー、サンエティエンヌ]、スコットランド[スターリング]、イギリス[ロンドン])
7月、山下洋輔ユニットにて「横須賀ジャズドリーム」に出演。
8月、Otomo Yoshihide's New Jazz Ensemble にて「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO」に出演。
9月、アジアン・ミーティング・フェスティバル(ONJO)
10月、横浜山手ゲーテ座にて、自己のグループ『phonolite』のコンサート。
11月、浜田真理子コンサートのサポート。
他、山中千尋、松永貴志のライブサポート等・・・

2006年
松風鉱一カルテット『ゲストハウスで昼寝』(Studio Wee)、浜田真理子『夜も昼も』(美音堂)、カヒミ・カリィ『NUNKI』(Victor Entertainment)、原みどり『恋☆さざなみ慕情』、西川郷子『郷音〜hibiki〜』(M&Iカンパニー) のレコーディングに参加。
2月、ONJO 国内ツアー
3月、ONJO ベルリン・ツアー
5月、BOZO 国内ツアー
6月、アルカス千夜一夜「レディ・マクベス」(演出・脚色:鈴木勝秀、出演:中嶋朋子、音楽:横川理彦)
7月、Emergency! デンマーク・ツアー
8月、情熱大陸 SPECIAL LIVE(与世山澄子)。山形国際ジャズフェスティバル(BOZO)。
10月、自己のアルバム『phonolite trio and ensemble/my heart belongs to daddy』(Studio Wee) をリリース。
11月、ONJO ヨーロッパ・ツアー(スイス [GENEVE]、フランス [Tours]、イタリア [Reggio Emilia]、クロアチア [Zagreb] )。浜田真理子(大阪公演)。
12月、浜田真理子(東京公演)
他、多数のレギュラー・ユニット、松永貴志、西川郷子、のライブサポート等・・・・

2007年
柳原陽一郎『ウシはなんでも知っている』(Sweets Deli Records)、MIYA『Miya's Book; Music For Seven Days』(Studio Wee)をプロデュース。
津上研太『BOZO/Red Context -anthology of live 2007-』(EWE) の録音に参加。大友良英『ONJQ Live in Lisbon』(Clean Feed)、『ONJO/Live Vol. 1: Series Circuit』『ONJO/Live Vol. 2: Parallel Circuit』(doubtmusic)等、ライブ録音が相次いでリリースされました。
2月、『phonolite trio and ensemble/my heart belongs to daddy』発売記念ライブ@新宿 Pit Inn
4月、浜田真理子(松江公演)。西川郷子『郷音〜hibiki〜』発売記念コンサート。
8月、ONJO 新宿 Pit Inn 2 Days。林夕紀子『timbre』発馬記念ライブ(STB 139)
10月、Jazz Today @ STB 139(Risk Factor & phonolite)。ONJO ツアー(東京、京都、名古屋)。
11月、「水谷浩章 3 Days」@新宿 Pit Inn。
12月、日本科学未来館「Undercurrent ― 音に潜るクリスマス」(ONJO)
アルバム・プロデュースと、アレンジに明け暮れた1年でした。他、松永貴志、山中千尋のライブ、ツアー・サポート。

2008年
太田朱美『Risk Factor』(EWE) をプロデュース。原田郁子『ケモノと魔法』(COLUMBIA) 、松永貴志『地球は愛で浮かんでる』(EMI) の録音に参加。
2月、太田朱美『Risk Factor』発売記念ツアー。MIYA『Miya's Book; Music For Seven Days』発売記念ツアー。柳原陽一郎『ウシはなんでも知っている』発売記念ツアー。
3月、ONJO ヨーロッパ・ツアー(Paris、Aarhus、Copenhagen、Den Haag、Schorndorf、Vienna、Zagreb)。
4月、ONJO『楕円の誘惑』(アサヒ・アートスクエア)。
5月、KASPER TRANBERG JAPANESE QUARTET の Japan Tour をオーガナイズ。メンバーとして参加。
6〜7月、原田郁子「ケモノと魔法がとびかうツアー 管と弦とバンド」を phonolite ensemble でサポート。松永貴志ツアー。山中千尋ツアー。ONJO「JAZZ EM AGOSTO FESTIVAL」(リスボン)。
8月、山口情報芸術センター、orchestras オープニングライブ「Musics」(ONJO)
9月、大友良英 Trio、パリ公演。
10〜11月、自己のアルバム『phonolite/Still Crazy』(EWE) をリリース。同時に発売記念ツアーを敢行(東京、金沢、京都、名古屋)
12月、松永貴志ツアー
※phonoliteのニュー・アルバム、そして、そのツアーで燃え尽きる。
※「こめ」というトリオ(fl.太田朱美 p.片倉真由子 b.水谷浩章)が出来ました。

2009年
津上研太『BOZO & phonolite ensemble』(EWE)、コンピレーション・アルバム『にほんのうた 第三集』(commmons) の録音に参加。
5月、こめ(feat. 山口有紀)ツアー
6月、坂田明トリオ、東北ツアー
7月、mini ONJO ヨーロッパ・ツアー、Konfrontationen 09(オーストリア)、North Sea Jazz Festival(オランダ)、Molde Jazz Festival(ノルウェー)に出演。
9月、坂田明トリオ、北海道ツアー
10月、ONJO、京都芸術センター。松風鉱一カルテット、宮崎ツアー。
11月、水谷浩章 3days@新宿 Pit Inn
※3月末に橈骨神経麻痺を患い、左手が全く動かず、2ヶ月のリハビリ生活。ご迷惑をおかけしました

2010年
南博『FROM ME TO ME』(AIR PLANE LABEL)、坂田明 Trio『チョット!』(DAFNIA) 、柳原陽一郎『DREAMER'S HIGH』 の録音に参加。柳原陽一郎『20th Anniversary 〜ほとんど全曲マンスリーライブ〜 』(1〜5月)
3月、phonolite trio 北海道ツアー。坂田明トリオ、ミニ・ツアー(九州)
6月、坂田明トリオ、ミニ・ツアー(東北)
9〜10月、坂田明トリオ、西日本ツアー
11月、柳原陽一郎「DREAMER'S HIGH TOUR」。デンマークより Kasper Tranberg [tp]、Hans Ulrik [sax] を招聘し、加藤崇之[g] 外山明[ds] 水谷浩章[b] というメンバーで「DenJap Sound Ensemble Tour」をオーガナイズ
12月、さがゆき[vo] 水谷浩章[b] の DUO『うずらぎぬ』(mizmzic) の録音
※phonolite strings(ビオラ、チェロ×2、コントラバス)という変則弦楽四重奏を始めました。
※自主レーベル mizmzic を立ち上げました。

2011年
自主レーベル mizmzic より、さがゆき・水谷浩章 DUO『うずらぎぬ』をリリース。
2月、名古屋「モノコト」で行われた『上野龍 写真展』にて「うずらぎぬ」「ツインベースに柳原」と2週連続で演奏。
3月、横浜 Dolphy にて、黒田京子[p]さんと DUO の予定でした(3/11)が、この日の公演はキャンセル。吉祥寺 キチムにて、原田郁子 & phonolite strings、PAなし、ロウソクの灯りのみで幻想的なライブ。
6月、坂田明トリオ、東北ツアー
9月、坂田明トリオ、北海道ツアー
10月、松風鉱一カルテット、宮崎

2012年
自主レーベル mizmzic より、『phonolite strings』をリリース。
1月、水谷浩章 3days@新宿 Pit Inn
5~6月、『phonolite strings』レコーディング
7月、坂田明トリオ・西日本ツアー
10月、美学校にて「実践アンサンブル講座」(〜2013年3月)
11月、phonolite strings ミニ・ツアー(京都にて、青葉市子[vo,g]と共演)
※7月、橈骨神経麻痺を再発。ツアーしながらのリハビリ

2013年
浜田真理子『But Beautiful』(美音堂) のレコーディングに参加。OTOTOYより『phonolite strings meet 柳原陽一郎 / Live at Pit inn, 1.17.2013』(SWEETS DELI RECORDS / mizmzic) を配信。
1月、水谷浩章 3days@新宿 Pit Inn
3月、青葉市子 with phonolite strings@キチム
7月、うずらぎぬツアー
※大友良英さん音楽のNHK 朝の連続ドラマ『あまちゃん』に参加

2014年
1月、水谷浩章 3days@新宿 Pit Inn
3月、ミュージカル「いのちてんでんこ」に参加
5月、吉野弘志 一門会 vol.1※同年2月の企画が大雪で中止のため再演
7月、山下洋輔 スペシャル・ビッグバンド コンサート 2014 に参加
10月、セバスチャングラムス・齋藤徹ベースアンサンブルに参加

2015年
1月、水谷浩章 3days@新宿 Pit Inn
2月、中島ノブユキ「une petite fille/少女(theatre ver.)」に参加
10月、浜田真理子 コンサート 〜胸の小箱〜 を phonolite strings でサポート

2016年
1月、水谷浩章 3days@新宿 Pit Inn。松風鉱一カルテット、宮崎ツアー
4月、山下洋輔4@宮崎 国際ジャズデイ
5月、山下洋輔4@立川 たましんRISURUホール
6月、山下洋輔4@東広島 くらら開館記念シリーズ
7月、山下洋輔4@札幌シティジャズ
9月、森山威男ジャズナイト@可児市文化創造センター ala
※森山威男ユニット、池田千夏トリオ 等への参加

2017年
1月、森山威男 3days@新宿 Pit Inn。水谷浩章 3days@新宿 Pit Inn。
2月、ひとり旅(神戸、吉良、滋賀、大阪)
3月、Kasper Tranberg J Quartet
4月、日吉直行3 宮崎ツアー。山下洋輔4@宮崎 国際ジャズデイ
7月、ひとり旅(名古屋、大阪、神戸、横浜、米子、松江)。青葉市子 with phonolite strings@ビルボード大阪。山下洋輔4@札幌シティジャズ
9月、森山威男ジャズナイト@可児市文化創造センター ala。坂田明 渡来塵(Torijin)北海道ツアー。 10月、山下洋輔4@深? 国際ジャスフェスティバル。森山威男・板橋文夫スペシャルセッション@JAZZ in 四国(愛南町)
11月、青葉市子 with phonolite strings<青仄>@明日館
12月、ひとり旅(吉良、大阪、神戸、米子、松江、出雲、神戸)。山下洋輔クリスマスコンサート@紀尾井ホール。
※「ひとり旅」始動。各地にて出会った人達とそこでしか作れない音楽を。
※中山拓海 TRIDENT、浜田亜東実トリオ、北田学 Brain Drain、社長トリオ 等への参加


TOP